子育てに非協力的な夫のブログ

子育てを疎かにしていた夫が反省の意味も含めて書いているブログです(;´Д`)

乳児湿疹の原因や治療でお悩みの方へ☆

子育てに非協力的な夫、Yasuです。。

 

子供が産まれてきて最初に焦ったことで印象に残ってることは何??と嫁に聞いたら「乳児湿疹」という答えでした!僕自身の勉強を含め原因や治療について、また我が家が実際に行った対策を記載していきたいと思います。

f:id:yasuyasi:20190925184946j:plain

乳児湿疹(にゅうじしっしん)とは?

乳児湿疹とは、生後2週~2か月頃に多く見られる湿疹です。顔・首・頭皮を中心に発症し、赤いものや、かさぶたやフケのようなもので覆われているものなどさまざまな症状で起こります。
乳児湿疹の原因は、胎盤を通して赤ちゃんに渡された母親の女性ホルモンが皮脂の分泌を促すためと考えられています。赤ちゃんは毛穴が小さいため皮脂が詰まって炎症をおこしやすく、湿疹が悪化しやすいということもあるでしょう。

 

乳児湿疹の治療はどうすれば良いの?

乳児湿疹は母親から受け継いだホルモンの働きが弱くなると、自然に症状が軽くなっていきます。
しかし、症状が長引く場合はかかりつけの小児科や皮膚科などで治療を受けるのが良いと思います。

基本的には清潔にして保湿を行う。症状によっては皮膚の炎症を抑えるためのステロイド剤、細菌感染を抑える抗菌薬入りの塗り薬などが使用されます。

薬も多く市販されていますが、湿疹が乳児湿疹でない場合もあるため自己判断で使用せず、まずは病院で診察してもらいましょう!

 

我が家の判断

我が家は病院に行って、ステロイド剤をもらい、ひどい症状の部分には少し塗ったりもしたそうです。ステロイドについては先生たちの中でも色々な意見があるそうで、ステロイドを処方しないところもあるそうです。

賛否両論あるステロイドですが、塗ると症状が治まるのが目に見えるので始めての時は親としてはかなり安心できます(;'∀')

そのうち収まるものだから、ステロイド頼らなくても良かったかなあと嫁さんは言ってましたが(;^ω^)

 

まとめ

f:id:yasuyasi:20190921112628j:plain

病院によっても対処が違う乳児湿疹なので、親が信じられるお医者さんを見つけ、良い選択をしていくことが大事なんだなと思いました!偉そうに言える立場ではありませんが、少しでも今回の記事が誰かの役に立てば幸いです(^^)