子育てに非協力的な夫のブログ

子育てを疎かにしていた夫が反省の意味も含めて書いているブログです(;´Д`)

子供の誤飲!最近焦った話。

子育てに非協力的な夫のYasuです。。

 

つい先日の話で、3歳半の子供が誤飲をしてしまいました(´;ω;`)まだ体の中にコインが入っています・・誤飲について調べましたので我が家の状況と照らし合わせて記載していきたいと思います。

f:id:yasuyasi:20191010151758j:plain

 

誤飲とは

誤って異物を飲み込んでしまうことですね(;''∀'')我が家の場合は寿司屋さんでもらえる「コイン」、100円玉の大きさがあるかないかくらいのものでした。

乳幼児は身の回りのものを口に入れてしまうので注意が必要なのですが、うちは3歳半で今までそんなこともなかったので、もう大丈夫とたかをくくっていました・・。まあ3歳なっていたこともあり、食道などでとまることもなく呑み込めたのかなとも思っています。

実際苦しそうなそぶりもあまりなく、自分で「のんじゃった」といっていたくらいなので(-_-;)

 

 

対処方法

誤飲してしまった場合は慌てず対処することが必要です。

のどを詰まらせた場合は下向きに抱えるなどして、背中をたたき吐き出させます。吐き出せず呼吸をしていない状態の場合は即救急車を呼びましょう。

飲み込んでしまった場合は「飲み込んだもの」「飲み込んだ量」などを覚えて受診に行きます。もし現物が他にある場合はそれを持参しましょう。

いずれの場合も病院にかかることをお勧めします。病院へいくのか、一刻もはやく見てもらうため救急車を呼ぶのか、ここもむずかしいところです(´;ω;`)

うちの場合ははじめてでなにもわからなかったので、とりあえず救急車を呼びました。結果良かったなと思っています。

f:id:yasuyasi:20191010151850j:plain

 

 

危険なもの

・タバコ

・灰皿の灰

・薬

・ボタン電池

 

などです。とくにボタン電池は危険で、胃に穴が空いてしまったり電流を流す危険もあります。もし飲んでしまったら一刻も早く診断を受けること、飲み込んだものの現物を持っていくことが重要です。

 

 

我が家の現状

現在、コインを飲み込んで4日がたちました。コインの場合は

「ウンチ」待ちらしく様子を見ています。心配なので早く出てほしいものです(´;ω;`)

また経過は記載します!

今回の個人的な感想としては、子供が誤飲をしてしまったときは速やかに病院にいくことが大切だなと思いました。この記事が少しでも役に立てば幸いです。

 

 

保育園に入れない!幼稚園との違いは・・・?

子育てに非協力的な夫のYasuです。。

 

今日は保育士の不足・幼稚園に関する情報と、我が家の場合を記載します!!

f:id:yasuyasi:20190928205258j:plain

 

保育士の不足

賃金が安い・労働が過酷・責任が重大などという理由で保育士の数が減っていると言われ、その背景には待機児童問題があります。

お子さんを保育園に中々入れることが出来ず困っている方も多いのではないでしょうか?0歳から預けれて、幼稚園に比べて長時間任せられる保育園。共働きの方なんかは是非とも利用したいですよね(;´Д`)

現在国内でも様々な対策を実施していると思いますが中々上手く事が運ばない状態です・・。

私の住んでいる地域では、2歳、3歳からだと入園は難しいですが0歳のときであれば入園しやすいと聞いたことがあります(;^ω^)0歳で預けるのは不安の方も多いですよね。。

 

幼稚園について

幼稚園は基本3歳から入園になりますが、「プレ保育」という名目で週に1~2回短時間で2歳児を預かるシステムがある施設もあります。

幼稚園は保育園に比べ入りやすいですが、人気のある幼稚園では先着制や抽選というやり方で募集をかけているところもあります!人気の幼稚園に通いたい場合はプレ保育に通うことで入りやすくなるとかならないとか(笑)

 

我が家の場合

我が家の場合は、2歳からプレ保育に通わせました。当時は共働きではありませんが、幼稚園に入りやすくするためと早いうちに家族とは違う人と集団生活を送ることになれてほしかったからです。

結局引っ越すことになり、プレで通っていたところとは別の幼稚園に通うことになりましたが(;^ω^)そこは先着順で、運よく間に合った感じでしたね。

保育園、幼稚園の入園を考えている方は、その地域によって取り組みや仕組みが違うこともあると思うので、まずはご自身の住んでいる地域の保育園や幼稚園の情報収集を行いうことが大切だと思います☆

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんが寝ない、寝れないときの原因

子育てに非協力的な夫のYasuです。。。

 

前回は乳児湿疹について書きましたが、今回は赤ちゃんが寝ない・ねれないときの原因について書きたいと思います!また、我が家で実際に合った話も記載します。

f:id:yasuyasi:20190925184431j:plain

赤ちゃんが寝ない、寝れないときの原因

①おむつ

赤ちゃんの皮膚は薄いため、おしっこをしてから交換せず放置してしまうと違和感を感じて眠れないことが多い。

 

②ゲップがでない

授乳後にゲップをしっかり出さないと不快感がたまります。

 

③便秘

お腹が苦しくなるため、不快感が出ます。


④適応不全

お腹の中と違う環境にまだ慣れていないとき。また、新生児は体温調節がうまくできないので体温に異変があるとき。

 

⑤体調が悪いとき

熱を発症しているときなど。赤ちゃんは平熱が高めなので間違えないようにする。

 

⑥舌小帯短縮症

舌が生まれつき短く、上手く呼吸が出来ない。

 

ざっと思いつくものでこんな感じです(;^ω^)いずれの場合も、悩む場合は勝手に判断せず、一度かかりつけの医師に診てもらう方が安心ですね☆

 

我が家の場合

我が家の場合は、⑥の舌小帯短縮症でした(´;ω;`)症状は軽いものだったので、成長とともに改善されたので良かったですが、ひどい場合は手術になることもあるそうです・・。

原因は判明しておらず、先天性的なもののようです。症状は様々なので、寝ないことが気になる方は一度診断にいくことをお勧めします(´;ω;`)

 

今日もお読みいただきありがとうございました<(_ _)>また実体験(嫁の)をもとに記事を書いていきます!!

 

乳児湿疹の原因や治療でお悩みの方へ☆

子育てに非協力的な夫、Yasuです。。

 

子供が産まれてきて最初に焦ったことで印象に残ってることは何??と嫁に聞いたら「乳児湿疹」という答えでした!僕自身の勉強を含め原因や治療について、また我が家が実際に行った対策を記載していきたいと思います。

f:id:yasuyasi:20190925184946j:plain

乳児湿疹(にゅうじしっしん)とは?

乳児湿疹とは、生後2週~2か月頃に多く見られる湿疹です。顔・首・頭皮を中心に発症し、赤いものや、かさぶたやフケのようなもので覆われているものなどさまざまな症状で起こります。
乳児湿疹の原因は、胎盤を通して赤ちゃんに渡された母親の女性ホルモンが皮脂の分泌を促すためと考えられています。赤ちゃんは毛穴が小さいため皮脂が詰まって炎症をおこしやすく、湿疹が悪化しやすいということもあるでしょう。

 

乳児湿疹の治療はどうすれば良いの?

乳児湿疹は母親から受け継いだホルモンの働きが弱くなると、自然に症状が軽くなっていきます。
しかし、症状が長引く場合はかかりつけの小児科や皮膚科などで治療を受けるのが良いと思います。

基本的には清潔にして保湿を行う。症状によっては皮膚の炎症を抑えるためのステロイド剤、細菌感染を抑える抗菌薬入りの塗り薬などが使用されます。

薬も多く市販されていますが、湿疹が乳児湿疹でない場合もあるため自己判断で使用せず、まずは病院で診察してもらいましょう!

 

我が家の判断

我が家は病院に行って、ステロイド剤をもらい、ひどい症状の部分には少し塗ったりもしたそうです。ステロイドについては先生たちの中でも色々な意見があるそうで、ステロイドを処方しないところもあるそうです。

賛否両論あるステロイドですが、塗ると症状が治まるのが目に見えるので始めての時は親としてはかなり安心できます(;'∀')

そのうち収まるものだから、ステロイド頼らなくても良かったかなあと嫁さんは言ってましたが(;^ω^)

 

まとめ

f:id:yasuyasi:20190921112628j:plain

病院によっても対処が違う乳児湿疹なので、親が信じられるお医者さんを見つけ、良い選択をしていくことが大事なんだなと思いました!偉そうに言える立場ではありませんが、少しでも今回の記事が誰かの役に立てば幸いです(^^)

 

 

 

 

自己紹介(;'∀')

はじめまして、子育てに非協力的な夫のYasuです・・(;'∀')

f:id:yasuyasi:20190921104942j:plain

 

現在、3歳半の女の子の父親なのですが仕事が休みの日以外はあまり遊んでもあげれておらず、夜泣きしたときに落ち着かせることも出来ずあたふたします(笑)

 

生まれてから沐浴してあげたこともなく、おむつを替えたことも数えるほどしかなく嫁に任せきりだったので子供がママッ子なのは言うこともありません(´;ω;`)

 

そんな私がこのブログで何を書いていこうかと言いますと、子供が産まれてこれまで起きたことで嫁が困ったことの解決方法なんか良いのではと思ったのです。

 

嫁に話を聞くことで、自分の子育てに関する理解を深めてブログでアウトプットすることで自分と、これから親になる人のためにもなれば良いなと思います(*^^*)

 

次回から早速良い記事をお届けできるよう頑張っていきますので宜しくお願い致します!

 

2019.09.20   Yasu